学生の実験中の事故について

2010年10月25日

東京農工大学長 小 畑 秀 文

学生の実験中の事故について

平成22年10月22日(金)21時14分頃、本学小金井地区4号館において工学府の学生が薬品を用いた実験を行っていたところ、爆発事故が発生いたしました。
事故発生当時、防護メガネ、手袋、白衣等は着用していたものの、爆発の影響で重傷を負う誠に残念な事故となりました。
この事故を受け、当分の間、当該実験に用いられた薬品の使用を禁止するとともに、実験を行う際の安全対策に関する教員及び学生への注意喚起を行い、さらに、原因の究明と再発防止策の検討を行う体制を講じました。
本学としては、今後、事故のない安全な教育研究活動が行われるよう、安全対策の充実に努めていく所存です。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら