ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHIの情報を掲載しました

2010年6月18日

2010年度「ひらめき☆ときめき サイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」採択プログラムの情報を掲載しました。

■ プログラム名:「昆虫の夏や冬の過ごし方」
■ 開催日:8月5日(木曜日)
■ 対象:中学生 30名
■ 内容:
昆虫は、地球上でもっとも繁栄している動物群です。我々人類が生まれるはるか昔、およそ3~4億年前には地球上に生息し繁栄した動物群です。ですから、地球上でこれまでに起こった長い歴史を知っているといえるでしょう(地球を「虫の惑星」という研究者もいます)。最近は、昆虫は気味が悪い、触ると毒にやられる、臭いが嫌だ等と、非常に嫌われることが多いです。これは昆虫に接する機会が少ないからでしょう。
この実験講座では、午前中は昆虫採集の仕方、昆虫標本の作り方、昆虫写真の撮り方等の講義、午後はフィールドへでての昆虫を採集、昆虫(カイコガ)の解剖実験、そして「夏や冬の過ごし方」に関する実験を行い、昆虫のことを理解していきます。最後にレポートの課題をだします(これは後日返送してください)。終了時には「昆虫未来博士号」を授与します。
■ 申込み締切:7月30日(金曜日)

■ プログラム名:「生物と機械の接点を探そう―生物の筋肉と感覚を再現―」
■ 開催日:8月25日(水曜日)
■ 対象:高校生 20名
■ 内容:
未来の科学技術を支えるみなさんの第一歩として、異なる学問の壁を越えた融合研究テーマを実際に実験を通して体験してもらいます。本プログラムでは、当研究室が掲げている「未来のロボットは生命と機械の融合で実現!」「機械工学とバイオを融合して、バイオを超える柔らかい機械を作る!」の夢を実現するためのサイエンス&テクノロジーを紹介します。実験では、最先端技術を駆使し製作した小さな部品からなるマイクロロボットのものづくり体験、筋肉の元となる細胞観察、生物のもつパワーを結びつける発想力を指南します。ぜひ未踏領域へのロマンに触れに来てください。
■ 申込み締切7月30日(金曜日)

詳細は、こちらをご覧ください。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら