研究室・教員一覧

共同先進健康科学専攻

(早稲田大学との共同大学院)

大学院生物システム応用科学府(BASE)では、原則としてすべての教員が独立した研究室を持っています。

共同先進健康科学専攻(農工大・早稲田大)

宮浦 千里 教授

学位
薬学博士
研究分野
生命工学、基礎医学、薬学
研究テーマ
生命工学、基礎医学、薬学
e-mail
miyaura(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

癌、骨粗鬆症、歯周病、メタボリック症候群などの生活習慣病の発症機構と病態の解析により、治療薬と予防法を開発している。研究手法としては、遺伝子解析から疾患モデル動物まで、遺伝子・分子・細胞ならびに生体レベルに至る多角的な研究を実施している。

田中 あかね 教授

学位
獣医学博士
研究分野
獣医学、基礎医学、免疫学
研究テーマ
獣医学、基礎医学、免疫学
e-mail
akane(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

マスト細胞の腫瘍性増殖における細胞周期調節タンパクの発現動態の解析。マスト細胞の腫瘍性増殖や免疫学的活性化における転写因子NF-κBの役割の解明。マスト細胞、また広く免疫系細胞の増殖や活性化を制御する分子標的治療法の確立を目指す。

田中 剛 教授 (2020年度 専攻長)

学位
工学博士
研究分野
生物工学、分析化学
研究テーマ
生物工学、分析化学
e-mail
tsuyo(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

バイオマテリアルを利用した新規バイオセンシング技術、医療診断技術、バイオ燃料創生技術の開発について研究する。

田中 秀幸 教授

学位
博士(理学)
研究分野
身体運動科学、自然人類学
研究テーマ
身体運動科学、自然人類学
e-mail
tanahide(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

ヒトの個体レベルを対象として、知覚-運動制御の脳内メカニズムを運動行動学的に研究する。またその応用として、ヒューマンエラーの防止・予防対策について研究する。

西河 淳 教授

学位
医学博士
研究分野
生化学、糖鎖生物学、細胞生物学
研究テーマ
生化学、糖鎖生物学、細胞生物学
e-mail
nishikaw(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

タンパク質の細胞内局在、機能発現、シグナル伝達等に重要な糖鎖付加など様々な翻訳後修飾機構を解析し、それによる多彩な細胞の機能制御メカニズムを解明している。最近は、メラニン産生や膜輸送などの制御機構、味蕾細胞の新たな味感知システムの解明等に取り組んでいる。

天竺桂 弘子 教授

学位
農学博士
研究分野
生化学、分子生物学、昆虫学
研究テーマ
生化学、分子生物学、昆虫学
e-mail
h_tabuno(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

昆虫の代謝産物を医薬品のシーズに応用する研究、および寄生や極限環境に適応する昆虫の生体内分子機構の研究を通じて、ヒトの生命科学研究に新しい切り口を提供する。

好田 正 教授

学位
農学博士
研究分野
食品化学、食品免疫学、食品機能化学
研究テーマ
食品化学、食品免疫学、食品機能化学
e-mail
tyoshi(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

食品の機能性、特に免疫調節機能を探索することにより様々な疾病の予防や症状の緩和に利用することを目的としている。機能性を見出した食品因子の作用機序を解明し、疾病モデル動物を利用して効果を検証する。具体的には、アレルギーや生活習慣病などを研究対象としている。

稲田 全規 准教授

学位
歯学博士
研究分野
生命工学、病態生理学、歯学
研究テーマ
生命工学、病態生理学、歯学
e-mail
inada(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

疾患モデル動物や遺伝子改変動物を用いた生活習慣病や慢性疾患の病態を解析し、その発症に関わる標的分子•細胞•臓器などのメカニズム解析を行う。創薬への評価精度向上について、病態生理学的な手法を主とした導入研究を行う。

竹山 春子 教授

学位
博士(工学)
研究分野
生命工学、環境ゲノム工学、マリンバイオテクノロジー
研究テーマ
生命工学、環境ゲノム工学、マリンバイオテクノロジー
e-mail
haruko-takeyama(ここに@を入れてください)waseda.jp

未知・難培養微生物を中心として様々な環境微生物のゲノムを収集、解析し、有用遺伝子のスクリーニングや新規有用組換え生物の作出等の研究を行っている。また、生物の持つ遺伝子の配列特異性を解析するシステム開発、医療分野では、疾病関連遺伝子の一塩基多型(SNPs)判定による疾患感受性の診断や食品分野での偽表示チェックにこれら遺伝子判別システムの応用を展開している。

柴田 重信 教授

学位
薬学博士
研究分野
薬理学、生理学、時間栄養学
研究テーマ
薬理学、生理学、時間栄養学
e-mail
shibatas(ここに@を入れてください)waseda.jp

体内時計の仕組みを解明することで、発達障害、時差ぼけ、躁うつ病、痴呆症、睡眠障害などの精神疾患の解明・治療薬の研究を行う。食事のタイミングが体内時計を作るという、「腹時計」の仕組みを明らかにし、生体リズムを整えるのに適した食事や栄養の摂取方法、生活習慣病の発症原因の解明に寄与する。

大島 登志夫 教授

学位
博士(医学)
研究分野
神経科学、分子神経生物学
研究テーマ
神経科学、分子神経生物学
e-mail
ohshima(ここに@を入れてください)waseda.jp

マウスやゼブラフィッシュを用いた遺伝子改変の技術革新は、脳の発生・発達の過程を分子生物学的手法により解明する事を可能にしました。我々はこうした技術を用いて、脳の発生・発達に関わる分子メカニズムの解明に取り組んでいます。発生・発達の基礎的研究から得られた知識の蓄積は、神経系の再生医療に多いに役立つ事が期待されます。

服部 正平 教授

学位
博士(工学)
研究分野
ゲノム・メタゲノム科学、バイオインフォマティクス
研究テーマ
ゲノム・メタゲノム科学、バイオインフォマティクス
e-mail
m-hattori(ここに@を入れてください)aoni.waseda.jp

人体には約1,000菌種、数百兆個の常在菌が生息し、ヒトの健康と病気に大きく関係しています。これら常在菌が形成する細菌叢(集団)の全体像と宿主細胞との相互作用を介した常在菌叢の生理作用を、次世代シークエンサーを用いたメタゲノム技術と情報学・統計学を駆使したゲノム科学的アプローチによって解明します。