2020年度工学部 WEBオープンキャンパス in Summer 化学物理工学科

2020年度工学部「WEBオープンキャンパス in Summer」化学物理工学科についてご案内します。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、「夏の工学部オープンキャンパス~学部説明会~」の代替として、「WEBオープンキャンパス in Summer」を実施します。

化学物理工学科の特設ページでは、9月20日(日曜日)の「WEBカフェ」に向けて動画を順次配信します。是非、動画をご覧いただき、ここをもっと知りたい、これが質問したいということがあれば、9月20日のWEBカフェにご参加下さい。(WEBカフェは終了しました。多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。)

特設ページは引き続き公開しておりますので、ご覧ください。

化学物理工学科の概要紹介

持続可能社会では、環境へ与える影響やエネルギーの再利用などに配慮した製品やシステム開発が求められます。そこでは単独の工学分野ではなく、化学系と物理系の両方の分野を総合的に習得したグローバル人材が求められています。本学科ではエネルギー・環境等の地球規模の課題を解決し、新産業を創出する課題解決力を身につけるために、化学と物理の総合的教育研究を行います。
まず、数学、化学、物理などの基礎科目を中心に学びます。2年次後期からは「化学工学」と「物理工学」の2コースに分かれ、専門科目を学びます。新素材、環境、エネルギー等の教育研究を通じて、課題解決力を身につけ新しい分野を切り拓き、社会的ニーズが高い課題、例えば「新素材を用いた高効率・低環境負荷のエネルギー変換デバイスの開発」などの革新的技術を開発することができる高度グローバルエンジニアを育成します。

キーワード:
エネルギー変換、利用の最適化、低環境負荷、高効率生産システム、環境発電技術、新素材創製、環境計測デバイス

化学物理工学科紹介動画

教員と学生による学科の魅力紹介動画

化学物理工学科ラボツアー

研究室を見てみたい。研究室はどんな感じ?
化学物理工学科の研究室をご紹介します。

 登場研究室  
再生可能エネルギー  池上 貴志研究室
新しい材料を使った太陽電池  嘉治 寿彦研究室
新素材  大橋 秀伯研究室
環境  寺田 昭彦・利谷 翔平研究室
環境にやさしいエネルギー  銭 衛華研究室
光を使ったセンサデバイス  清水 大雅研究室

化学物理工学科の各研究室について、詳しく知りたい方は、こちら をご覧ください。

SAIL入試ガイド

SAIL入試(総合型選抜入試)の概要と入学後の研究室体験配属について紹介します。

こんな人を待っています!

・科学や技術への好奇心が旺盛な人

・興味をもったことにとことん打ち込める人

・論理的に考えることが好きな人

令和3(2021)年度 総合型選抜学生募集要項は、こちら をご覧ください。

入学者選抜要項、学生募集要項は、学部:入試情報ページ をご覧ください。

皆さんのご応募をお待ちしております。

研究室体験配属(ラボローテーション)

化学物理工学科では、希望者は興味のある研究室を1年生から巡って研究室を体験する(ラボローテーション)ことができます。最先端の研究機器、教授からの個人指導、研究室の先輩との共同作業など、大学生活の醍醐味を先取りして味わい、自分のアイディアを実現して行く経験をどんどん積んでいきます。

学生による研究発表

1年次に研究室で活動(ラボローテーション)を体験した学生の発表を紹介します。

「非溶媒を使った結晶化によるユニークな結晶外形の創製」

細川 真子(滝山研究室)

学生による研究発表

1年次に研究室で活動(ラボローテーション)を体験した学生の発表を紹介します。

「光のスピンと保存則」

石川 諒(畠山研究室)

留学体験発表

2019 年度 工学部夏季短期派遣プログラムに化学物理工学科の学生が参加しました。学生の留学体験記を紹介します。

模擬授業

化学物理工学科 2年次講義「先端化学物理工学概論」、1年次講義「物理学基礎I」、「化学物理数学」のオンライン講義と研究活動の一部を公開します。

宮地 悟代 准教授  先端化学物理工学概論 

「モノに強い光を当てるとどうなるの?」

強い光とは何?から始まり、レーザー光の性質と高強度レーザー光の作り方、モノに当てたときに何が起こるのか、何に使えるのかについてお話しします。本講義は2年生に行っているものの一部です。化学物理工学科で行っている講義の学習内容と社会のかかわりについて理解してもらう目的の講義ですので、本講義の紹介した事柄を理解または実施するために必要な学問分野についても合わせて紹介しています。日頃の学習のモチベーション向上も狙っています。

徳山 英昭 准教授  先端化学物理工学概論 

「高分子ゲルの作製、構造制御、機能化と反応・分離工学への応用展開」

徳山研究室では、ゲルに関する研究を行っています。ゲルとは何か、から工業や社会で役立つ応用研究までご紹介します。

Part1

  • ゲルとはどのような物体か?身近な例を紹介
  • フリーラジカル重合によるゲルの作製 ・感温性(温度応答性)ゲルって何?
  • 粒子や多孔質など様々な形状のゲルの作製方法

Part2

  • 溶液中の金属イオン(金、パラジウムなど)の分離回収への応用
  • パラジウムナノ粒子を含むゲルを触媒とする鈴木宮浦クロスカップリング反応
  • 微生物を含むゲルを触媒とするアンモニア排水処理

大橋 秀伯 准教授  先端化学物理工学概論 

「電池の性能を決める『平衡論』と『速度論』」

化石燃料を使わない再生可能エネルギーによる電力供給は近年ますます脚光を浴びており、太陽光や風力などの発電量が読みにくい方式でも、ポテンシャルをフルに生かすため、一旦電気エネルギーを貯めておく蓄電池の需要がますます高くなっています。このために電池性能の向上が必要不可欠なのですが、電池の性能とはいったい何で決まるのでしょうか。これは高校で習う熱力学を拡張した「平衡論」と、反応やイオン移動の速さなどを扱う「移動論」によって説明できます。これらの学問は大学1,2年生で習うものですが、それも含めて本講義では扱います。最先端の化学電池についても簡単に紹介しています。

嘉治 寿彦 准教授  物理学基礎I 

「ニュートンの力学の3法則について」

物理学基礎Ⅰの模擬授業です。今年の4月におこなったオンライン講義2回分から抜粋して編集した動画になります。少し繋がりが悪い箇所がありますが、ご容赦ください。物理学基礎Ⅰの内容はニュートン力学です。ニュートン力学は高校の物理でも習いますので、この模擬授業では、高校で習う力学と大学で習う力学の違いからはじめて、位置、速度、加速度、最後に、ニュートンの力学の3法則について少し解説して終わります。ちょうど、模擬授業として公開している化学物理数学の後におこなった講義ですので、先に化学物理数学の模擬授業を聴いていただいた方がわかりやすいと思います。(動画にでてくるアンケートは模擬授業ではありません。)

香取 浩子 教授  化学物理数学 

「ベクトルと座標系」

「化学物理数学」とは化学や物理学を理解するために必要となる数学を学ぶ講義です。高校でも「ベクトル」や「座標系」について学びますが、大学ではその内容がさらに広がります。例えば、高校で「ベクトルの『内』積」を学ぶ際にこの『内』という漢字について不思議に感じた人がいると思いますが、大学では「ベクトルの『外』積」も学びます。また、大学では、高校で学んだ「直交座標」のほか、「円筒座標」、「極座標」の知識も必要です。化学物理工学科の1年生が大学に入学して最初に受ける「ベクトルと座標系」の講義を、是非、体験してください。

WEBカフェ

化学物理工学科では、どんなことをしているの?授業や研究、日々の生活のことなど、学部2年生、学部4年生とオンラインで会話してみませんか?

開催日 2020年9月20日(日曜日)

使用する会議システム 「zoom」を使用し実施します。アプリを事前にダウンロードしておくと便利です。

 区分   開催時間  定員  備考
午前   10:00~12:00   30名  左記時間内に30分程度開催予定
 開始時刻は、お申込み時に登録いただいた
 メールアドレスへご連絡します。
午後   14:00~16:00   30名   左記時間内に30分程度開催予定
 開始時刻は、お申込み時に登録いただいた
 メールアドレスへご連絡します。

参加申し込み受付期間 9月1日(火曜日)から9月14日(月曜日)12:00まで 

事前申込フォームは、こちら

多くの皆様に参加いただき、ありがとうございました。

WEBオープンキャンパスアンケート

WEBオープンキャンパス in Summerにご参加くださり、ありがとうございます。
ご参加いただいた感想をお聞かせいただきたく、アンケートへの入力にご協力をお願いします。

アンケートフォームは、こちら にご用意しています。

化学物理工学科特設ページの内容についてご質問がありましたらご記入ください。

質問フォームは、こちらにご用意しています。

化学物理工学科ウェブページ

化学物理工学科へのリンク

化学物理工学科に関する情報を詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら