2020年2月20日号

2020年1月20日

■□■東京農工大学メールマガジン 2020年2月20日号■□■

※このメールは、メールマガジンサービスにお申し込み

いただいた方、本学の学部説明会・キャンパスツアー・

進学説明会等にご参加いただいた方にお送りしております。

 

こんにちは、東京農工大学です。

2月も下旬となりましたが、寒くて乾燥した日がまだ続きますね。

引き続き、健康には十分気を配りましょう。

…………………………………………………………………………………

【1】一般入試 前期日程(2/25)試験日せまる**注意事項と心構え**

…………………………………………………………………………………

いよいよ農工大の一般入試〔前期日程〕の試験日が近付いてきました。

みなさんがこれまでに学んだ成果のすべてを試験にぶつけてください。

ここまできたら自分を信じて、落ち着いて臨んでください。

 

試験日のスケジュールは「募集要項」に掲載されています。↓

https://www.tuat.ac.jp/documents/tuat/admission/nyushi_gakubu/youkou/r2_ippan_youkou.pdf

(日時は22ページに掲載されています)

時間に余裕を持って試験会場へ向かうことで、自身のペースも崩されにくくなります。

ただし、忘れ物をしないように、今一度荷物をチェックしてみてください。

受験票は、個別試験とセンター試験の2種類を持参してください!

Web出願のため、本学の受験票の送付はありません。

受験票発行の通知メール到着後、Web出願ページにアクセスし受験票を印刷して

持参してください。

忘れた場合は、試験前に再発行手続をする必要があるため、要注意です。

 

★「試験日当日に電車や道を間違えずに大学に行けるか不安‥・」

という方は、下記の日程で試験場を下見できます。

〔前期日程向け〕2月24日(月) 13:00~15:00

〔後期日程向け〕3月11日(水) 13:00~15:00

※下見は建物入口までです。建物内へは入れません。

試験室の場所等については各試験場入口に掲示します。

 

みなさんのご健闘をお祈りしています!

…………………………………………………………………………………

【2】これから受験生になるみなさんへ

…………………………………………………………………………………

4月から受験生になる高校2年生のみなさんも、

いよいよ入試について真剣に考える時期になってきました。

3年生に進級する前に、下記のことに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

●志望分野を絞って受験する際に必要な科目を確認しましょう。

もし志望校が決まっていれば、受験科目と配点を確認し、

その科目を中心に今後の学習計画を考えると良いでしょう。

 

●実際に大学に足を運んでみましょう。

志望校や進みたい分野が決まっていない場合でも、

各大学で開催されるオープンキャンパスなどのイベントに

積極的に参加することをおすすめします。

イベントがない日は散歩がてら、キャンパスに

足を運んでみてはいかがでしょう。

実際に大学に行ってみると、イメージと違うこと、

新しい発見などがあって、より大学進学が身近なものに感じられます。

※大学に入構できるかどうかは事前に確認しておきましょう。

 

農工大のオープンキャンパスは6月から11月にかけて

複数回開催します。詳細は4月以降、大学ホームページに

掲載する予定です。ぜひチェックしてください。

 

農工大「受験生向け特設サイト」↓

http://web.tuat.ac.jp/~admiss/

※現在掲載されているオープンキャンパスの情報は

昨年のものとなります。

 

****************************************************************

試験当日に向けて―ベストの力を出すために

****************************************************************

この一年間、試験に向けて勉強に励んできたことかと思います。

試験会場で自身のベストな力を出せるよう、当日の体調面の対策をご紹介します。

・お腹が弱い人は、薬を持っていきましょう。

試験の緊張のあまり、腹痛を起こしてしまう人もいるかと思います。

そんな方は、試験会場にも整腸薬等を持っていけば、実際に服用しなくても、安心して試験に臨めますよ。

・身体をほぐそう!

ただでさえ寒さで身体が縮こまりがちなのに加え、試験のプレッシャーでさらに身体が凝ってしまうかもしれません。

試験前や休憩時間に、腕を伸ばしたり、肩をまわしたりして、身体をほぐしましょう。

コリとともに、緊張もほぐれることでしょう。

・防寒対策をしっかり!

ただでさえ寒い2月の試験ですので、当日は暖かい格好で向かいましょう。

試験会場が思ったより暖かい場合もありますので、体温調節がしやすい、着脱可能な服装が便利でしょう。

カイロを張っていくのも有効です。靴用のカイロは、足元だけでなく全身まで暖められるので、おすすめです。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

====================================================

編集・発行

東京農工大学 グローバル教育院/入試企画課

お問い合わせ先

ny-kikaku@m2.tuat.ac.jp

====================================================

東京農工大学メールマガジンは、

(財)東京農工大学教育研究振興財団の援助を一部得て配信しています。

Copyright(C)2019 Tokyo University of Agriculture and Technology. All rights reserved.

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら