東京農工大学

実施プログラム

双方向支援型プログラム

大学・企業協働の海外市場展開の現場で学ぶ/国際社会での新規事業展開を牽引する人材を創る

大学と企業が協働で実施する新たな商品、サービスの事業化、海外市場への展開の現場において、技術開発から事業展開までのバリューチェーン、サプライチェーンを総合的に経験できる新たな人材育成プログラムを構築します。
目指すのは、大学と日本企業の技術力・事業展開力を融合して実業として展開できる人材の養成です。

鍵となるのは「国際連携構築力」
×
「新たな価値創造に繋がる柔軟性のある技術開発力」
×
「事業展開の現場での経験」

本学がこれまで築いてきた日本企業、海外の大学・研究機関、国際機関との連携を基軸として、日本企業の海外市場での事業展開を支援し、産学協働による海外事業展開という新たな産学連携スキームを構築。その現場をイノベーション教育のケーススタディ、実学の場として教育に反映させ、国際社会で新規事業展開を牽引する理系国際産業人材の育成を実施します。

●グローバルインセンティブプログラム(早期の意識付け)
●製品開発・海外事業展開等の現場を題材としたワークショップ

 ページトップに戻る

博士ビジョナリープロモーション

目的:
 ①日本における科学技術のイノベーション創出の活性化。
 ②大学の研究開発成果を基にした研究力を基軸とした価値創造や、既存の企業による新事業の創出を促進する人材の育成。

概要:
 研究成果に基づく価値創造や国内外における企業の事業開発を推進、継続できる博士人材イノベーションリーダーの養成を目指します。同時に、日本企業の海外展開推進、ニーズ創造型研究開発、大学の国際的な地位向上に繋げるため、大学、ベンチャーキャピタル、製造業、流通業、シンクタンク等、国内の20以上の連携機関及び海外第一線のイノベーション推進機関と共にイノベーション・エコシステムを構築していきます。

対象:
 東京農工大学、電気通信大学、東京外国語大学に在籍する博士課程学生、博士課程進学を考えている本学に在籍する学部生及び修士課程学生,ポスドク

 (※社会人の方で受講をご希望の方は、団体単位となりますのでご相談ください。) 

ページトップに戻る

未来価値創造実践人材育成コンソーシアム

東京農工大学 × 国際基督教大学 × 早稲田大学 × 産業技術総合研究所

博士人材(Ph.D studnts,PD)

イノベーション創出人材の育成は、単に大学と産業界の連携活動によって実現できるものではなく、その実践には、個人の意識を改革し、社会との関連性を視野に入れながら高い専門性をもった高度な思考、計画、実践力が必要となります。
本事業では、東京農工大学、国際基督教大学、早稲田大学、産業技術総合研究所の3大学1機関でコンソーシアムを構成し、各機関の高度な専門性を有する博士課程の学生ならびにポストドクターの方々を対象として産業界等の社会的ニーズを反映させた教育プログラムを実施し、技術革新、産業創出、社会政策提言ができる優れた人材の養成を目的として、国内外を問わず、企業・研究機関等への長期インターシップを実施いたします。

●Step1 事前学習

1) 国際的高度研究人材を目指す博士課程の学びの動機づけ
2) 博士人材等のイノベーション推進に向けた心構え
3) イノベーション推進のため指針教育

● Step2 インターンシップ(連続して2か月以上)

インターンシップ先との協議で具体的な研究課題を明確化し、企業実習を通して、実社会におけるイノベーションに必要な要素を学ぶ

 ・インターンシップ先の例
  国内外の企業   教育・研究機関   大学 (原則国内大学は除く)
  独立行政法人   公的機関      非営利団体
  国際機関等

● Step3 事後教育

成果報告会(2月)で外部審査員からのフィードバックを受ける

 イノベーション創出人材のキャリアパス

 ページトップに戻る

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら