農学部附属国際家畜感染症防疫研究教育センター

農学部附属国際家畜感染症防疫研究教育センターについてのご案内です。

国際家畜感染症防疫研究教育センターは、平成23年4月に設置され、口蹄疫など国際的に重要な家畜感染症の撲滅を目ざしています。
重要家畜伝染病研究部門、伝染病疫学解明部門、家畜感染症経済分析学解明部門および企画調整部門の4部門からなり、海外調査および先進的かつ有効な技術開発を行うとともに、重要家畜感染症について知識を深めた人材を輩出し、口蹄疫の常在地や流行地域などで、防疫活動を実践することにより近隣諸国(アジア)とともに国境を越えた感染症の発生を効果的に抑制出来る体制を構築することを目標としています。
獣医伝染病学、獣医衛生学、疫学、家畜衛生経済学、国際感染症制御論を教育研究分野とし、重要伝染病防疫に関する海外研究機関および大学との共同研究、学生・研修生・留学生の講義・実習教育、口蹄疫など重要伝染病の調査研究、大学公開講座などの社会活動を行っています。

国際家畜感染症防疫研究教育センターオリジナルサイト

国際家畜感染症防疫研究教育センターでは独自でホームページを運営しています。
当センターに関する情報を詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

国際家畜感染症防疫研究教育センターサイトへ (別ウィンドウで開きます)

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら