東京農工大学基金への寄附に係る税法上の優遇措置のご案内

ご寄付者が個人の場合

東京農工大学基金へのご寄附に対しましては、税法上の優遇措置が受けられます。 本学所定の振込用紙をご利用いただき郵便局・三菱東京UFJ銀行でお手続きをされた方はその際の領収証を、クレジットカードで手続きをされた方は別途お送りする国立大学法人東京農工大学発行の「寄附金領収証書」を添えて、所轄税務署にて確定申告をしてください。

所得控除

総所得金額等の45%を上限とする寄附金額について、2,000円を除いた額が所得額から控除されます。
(例)寄附金が50,000円で課税所得が500万円(税率20%)の場合
   (50,000円―2,000円)×20%=9,600円
    所得税が9,600円減少し、実質負担額は40,400円(50,000円―9,600円)


個人住民税控除

お住まいの都道府県・市区町村が、条例で国立大学法人東京農工大学を寄附金控除の対象法人として指定している場合、総所得金額等の30%を上限とする寄付金額について、下記のとおり翌年の個人住民税額から控除されます。
①都道府県が指定した寄付金 〔寄付金額-2,000円〕× 4% に相当する額
②市区町村が指定した寄付金 〔寄付金額-2,000円〕× 6% に相当する額
都道府県、市区町村の双方が指定している場合、10%となります。
(例)課税所得が500万円の府中市在住の方が50,000円ご寄附された場合
   (50,000円―2,000円)×10%=4,800円(個人住民税の軽減額)

ご寄附者が法人の場合

法人税法第37条第3項第2号により、寄附金の全額を損金算入することができます。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら