税額控除制度の適用について(修学支援基金)

2016(平成28)年度税制改正により、学生の修学支援を目的とする個人の方からの寄附について、従来の「所得控除」に加え、「税額控除」も選択適用されることとなりましたので、「修学支援基金」へのご寄附者は、ご自身でどちらか一方をご選択いただけます。
「税額控除」を希望される場合は、確定申告の際に、国立大学法人東京農工大学が発行した「寄附金領収証書」と「税額控除にかかる証明書(写)」を、所轄税務署に提出してください。

「税額控除」(対象:修学支援基金)

 寄附金額(※その年分の総所得金額等の40%が上限)の一定割合を、所得税額から直接控除することができる制度です。税率に関係なく所得税額から直接控除されるため、多くの方にとって、所得控除と比較して減税効果が大きくなります。「修学支援事業に対するご寄附(修学支援基金)」については、平成28 年度の税制改正により、上記の「所得控除」に加え「税額控除」の適用対象となりましたので、確定申告の際には、寄附者に有利ないずれか一方の制度をご選択いただけます。

 

「所得控除」(対象:東京農工大学基金および修学支援基金)

 寄附金額(※その年分の総所得金額等の40%が上限)から2 千円を引いた額が、所得税の課税所得から控除されます。
(例)寄附金が50,000円で課税所得が500万円(税率20%)の場合
   (50,000円―2,000円)×20%=9,600円
    所得税が9,600円減少し、実質負担額は40,400円(50,000円―9,600円)


個人住民税控除や法人からのご寄附について

こちらをご参照ください。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら