「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動宣言

 本学は、2019年8月9日(金)に、SDGsの達成、2050年石油ベースプラスチックゼロに向けて、使い捨てプラスチックの削減と、課題解決のための新素材の創生等を含めた研究の推進に取り組む「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」(TUAT Plastic 5R Campus)活動を宣言しました。

 海洋汚染の原因とされるプラスチックごみの規制は、2019年6月のG20大阪サミットでも焦点の1つとなりましたが、東京農工大学では、マイクロプラスチック汚染について研究を続けてきた農学研究院 高田秀重教授を中心とする農学・工学融合の研究チームを発足し、早くから本課題に取り組んで参りました。

 今回の活動宣言に基づいて、プラスチック削減策(マイボトル用給水器設置によるペットボトル削減、生協購買部等の学内販売におけるレジ袋の削減、大学ノベルティーグッズからのプラスチック削減への取組)、教育活動を通じた次世代の育成、社会貢献活動を通じた普及啓発活動に、取り組んで参ります。

5R
2019年5月に政府が作成したプラスチック循環資源戦略における「3R(Reduce,Reuse,Recycle)+ Renewable(再生可能資源への代替)」の基本原則に、研究(Research)を加えた、本学独自の取組です。

「農工大プラスチック削減5Rキャンパス(TUAT Plastic 5R Campus)」の概要

削減策(Reduce,Reuse,Recycle,Renewable)

自販機のペットボトルをゼロに
・給水器の設置とマイボトル利用呼びかけ

学内店舗での使い捨てプラ袋の廃止
・有料袋導入・マイバック利用呼びかけ

プラスチック減量の大学グッズ採用
・大学グッズに代替品を導入
・クリアファイルに循環型素材を採用
・ロゴ入りマイボトル販売

教育

学生への啓発・次世代人材の育成 初年次教育
・シンポジウムや勉強会の開催
・学生のグッドプラクティスへの表彰

研究(Research)

プラスチック課題を解決する研究
・マイクロプラスチック分布および影響調査
・海上プラスチック回収装置の開発
・バイオマスベースの代替素材の開発
・プラスチックと代替素材のライフサイクルアセスメントの実施

社会貢献

普及啓発活動
・社会との連携 社会への説明・行政や企業との協働

体制

ステークホルダーによる協議会を設置。持続性を担保し発展させる

詳細はこちらをご覧ください

東京都との連携

 2019年8月9日(金)に、使い捨てプラスチック削減に向けて、東京都との協定を締結しました。
 本学の社会貢献活動の一環として、東京都が行うプラスチック削減の普及啓発活動にも協力していきます。

協定締結の様子

記者会見を実施

 2019年8月9日(金)に、本学50周年記念ホールにおいて、「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動に関する記者会見を行いました。
 大野学長から「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動についての概要説明が行われた後、農学研究院高田教授から、研究面における取組状況について説明が行われ、報道各社から多数の質問が寄せられました。

「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動の概要を説明する大野学長(写真中央)
研究面における取組状況について説明する高田秀重教授

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら