国際ワークショップ ウズベキスタンの養蚕業と日本の果たす役割を開催します

2012年6月22日(金曜日)

国際ワークショップ「ウズベキスタンの養蚕業と日本の果たす役割」-JICA草の根事業を終えるにあたりのご案内です。

JICA草の根パートナー型技術協力事業
ウズベキスタン共和国シルクロード農村副業復興計画-フェルガナ州における養蚕農家の生計向上モデル構築プロジェクト-の実施により、日本蚕種による高品質繭の生産に成功しました。
また、蚕種一箱あたり、ウズベキスタン在来種に比して40%の増収に成功し農家収入が向上し生活環境向上に貢献しました。
このプロジェクトは、平成24年8月31日をもって終了します。
JICA草の根事業を終えるにあたり、駐日ウズベキスタン共和国特命全権大使とウズベキスタンから4名の関係者をお招きして、「ウズベキスタンの養蚕業と日本の果たす役割」と題して、国際ワークショップを開催し、参加者の皆様とともに今後の活動を考えることとしました。

■ 日時:2012年6月22日(金曜日)13時30分~17時00分(受付開始:13時00分)
■ 会場:東京農工大学府中キャンパス第1講義棟24番教室
東京都府中市幸町3-5-8
■ 使用言語:日本語、ロシア語、ウズベク語(通訳有り)
■ 参加費:無料

※詳細およびお申込みは、こちら(別ウィンドウで開きます。)をご覧ください。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら