グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビゲーションへ


ホーム >  広報・情報公開  >  プレスリリース >  2012年度 プレスリリース一覧  >  2013年1月10日:〔記者発表〕21世紀の固体紫外光源の実現・応用展開に道-世界トップレベルの高性能深紫外線発光ダイオード(LED)の作製に成功-紫外線LEDの応用技術開発を加速


2012年度 プレスリリース一覧

2013年1月10日:〔記者発表〕21世紀の固体紫外光源の実現・応用展開に道-世界トップレベルの高性能深紫外線発光ダイオード(LED)の作製に成功-紫外線LEDの応用技術開発を加速


21世紀の固体紫外光源の実現・応用展開に道-世界トップレベルの高性能深紫外線発光ダイオード(LED)の作製に成功-紫外線LEDの応用技術開発を加速についてのご紹介です。


日 時平成25年1月10日(木曜日) 11時00分~
場 所東京商工会議所 4階 「特別会議室S」 東京都千代田区丸の内3-2-2
発表内容『21世紀の固体紫外光源の実現・応用展開に道-世界トップレベルの高性能深紫外線発光ダイオード(LED)の作製に成功-紫外線LEDの応用技術開発を加速』
纐纈明伯理事、大学院工学研究院 熊谷義直准教授らの研究グループが、株式会社トクヤマの升野勝之研究開発部門長と共同で、世界トップレベルの出力特性を有する「深紫外線LED」を作製することに成功
出席者東京農工大学  学長 松永 是、理事・副学長(広報・国際担当) 百鬼 史訓、
                       理事・副学長(教育担当) 纐纈 明伯、大学院工学研究院准教授 熊谷 義直
農工大ティー・エル・オー株式会社  代表取締役社長 伊藤 伸
株式会社トクヤマ  常務執行役員 升野 勝之、開発センター長 柳 裕之

資料


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

Get AdobeReader®