平成31年4月の東京農工大学工学部の学科改組(構想中)について

東京農工大学では、平成31年(2019年)4月に工学部を現行8学科から、生命工学科、生体医用システム工学科、応用化学科、化学物理工学科、機械システム工学科、知能情報システム工学科の6学科に学科改組することを構想中です。
学科改組に関する情報は、本学ホームページ等で随時公表します。
なお、学科改組の計画(内容)は予定であり、変更する場合があります

最終更新日:平成30年1月22日
前回更新日:平成30年1月12日

知能情報システム工学科のコース名の一部を変更しました。

欅型教育による工学系知的プロフェッショナル人材の育成

PDFダウンロード

2019年4月~工学部新教育課程パンフレット(1.79MB)

学科改組後の入学定員(構想中)

6学科(構想中)

バイオ/医工 系


生命工学科は、生命現象のしくみを理解し、それを応用して私たちの暮らしに役に立てることを追及する研究分野です。化学、生命科科学、医工学など様々な融合分野で活躍できる生命工学のエキスパートを育成します。

キーワード:医療機器、医療材料、再生医療、バイオセンシング、食品・医薬品、環境・エネルギー、植物工学、生物工学、生命化学、医工学

生体医用システム工学科は、医療にかかわる工学技術と生物学・医学とを総合的かつ深く理解する能力を有し、革新的な生体医用工学技術の研究開発を行うことができる人材を育成する物理、電子工学を基礎とする学科です。

キーワード:生体機能、医用メカトロニクス、医用デバイス、医用イメージング、生体フォトニクス、物理工学、電子情報工学、生物工学、医療工学

エネルギー/環境/マテリアル 系


応用化学科は、化学の基礎から応用まで学ぶことによって、科学の最先端領域や、化学と環境・食品・医薬等との幅広い境界・融合領域において活躍できる研究開発力が身につきます。

キーワード:有機化学、無機化学、物理化学、触媒化学、高分子科学、材料科学、化学

化学物理工学科は、化学と物理とを総合的に学ぶことで、社会的ニーズが高まっているエネルギー・環境等のグローバルな課題に果敢に挑戦し、それらを解決できる実践力が身につきます。

キーワード:エネルギー変換・利用の最適化、低環境負荷・高校率生産システム、環境発電技術、新素材創製、環境計測デバイス、化学工学、物理工学、電気電子工学、エネルギー工学

モビリティ/ロボティクス/コンピュータ/AI 系


機械システム工学科は、人間と機械。環境と文明が協調する社会を目指し航空宇宙、スマートモビリティ、デジタルものづくり、ロボティクス・メカトロニクスという最先端の機械系分野を幅広く学ぶことができます。

キーワード:ロボティクス、スマートモビリティ、航空宇宙工学、生産システム、先端材料、エネルギー工学、ナノ・マイクロシステム、機械工学、航空宇宙工学、材料工学、計算工学

知能情報システム工学科は、コンピュータのしくみ、プログラミングといった情報工学の基礎から最新の人工知能技術まで、知能情報システム工学分野の知識を幅広く習得することができ、高度IT技術者として現代社会が抱える諸問題を解決する能力が身につきます。

キーワード:プログラミング、電気・電子回路、コンピュータ、通信、信号処理、人工知能、ソフトウェア、エレクトロニクス、情報工学、数理工学、電気電子工学、通信工学

工学部の学科改組に関する問い合わせ先

上記の工学部の学科改組に関する問い合わせ先です。
入試に関する情報は、平成30年4月以降に公表予定ですので、公表後にご確認ください。

国立大学法人東京農工大学
小金井地区事務部戦略企画室
電話番号 042-388-7905
メールアドレス sen-tk(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら