令和3(2021)年度東京農工大学入学者選抜における大学入学共通テストの英語認定試験及び記述式問題の活用取消しについて (予告の変更)[R1.12.23]

令和元年12月23日

令和3(2021)年度東京農工大学入学者選抜における
大学入学共通テストの英語認定試験及び記述式問題の活用取消しについて (予告の変更)

 令和元年11月1日文部科学大臣発表により、英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」の導入が見送られことに、また、令和元年12月12日閣議後の記者会見における文部科学大臣発言により、記述式問題の導入が見送られたことに伴い、平成31年2月21日付で予告しました以下の内容について、取消しとさせていただきます。

2021年度東京農工大学入学者選抜について(予告)[H31.2.21]【抜粋】

平成31年2月21日

 

2021年度東京農工大学入学者選抜について(予告) 【抜粋】

 

 東京農工大学では、2021年度入学者選抜から、以下のとおりとします。

 

(中略) 

 

2. 大学入学共通テストについて

1) 英語認定試験の活用について

① 本学の一般入試では、英語認定試験においてCEFR対照表のA2以上を取得していることを出願資格とします。

② 何らかの理由で英語認定試験を受験できず、上記①の出願資格を満たしていることを証明できない者は、その事情を明記した理由書の提出を求めます。

③ 上記①および②は、本学が受理した後の合否判定資料としては用いません。

※ 英語認定試験とは、独立行政法人大学入試センターが確認した、大学入試英語成績提供システムの参加要件を満たしている英語4技能を評価する試験・検定試験のことです。

 

2) 記述式問題の活用について

(国語)
記述式問題の結果は、段階別成績表示を点数化し、マークシート式の得点に加点して活用します。

(数学)
記述式問題は、マークシート式問題と一体で出題・配点されることから、従来のマークシート式と同様の取扱いとします。

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら