博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2018
本学学生チームが最優秀賞を受賞

2018年12月17日

 12月4日(火)一橋大学一橋講堂(千代田区)においてリーディングプログラムフォーラム2018が開催されました。
 「社会に新しい価値を実装する」をテーマに、全36チーム(22大学)が提案を練り、参加しました。36チームの中から8チームが最終プレゼンテーションに選ばれ、口頭発表6分、質疑応3分のプレゼンテーションを行いました。その中で、本学グリーン・クリーン食料生産を支える実践科学リーディング大学院のチーム「greenase」(生物システム応用科学府食料エネルギーシステム科学専攻・一貫制博士課程4年 石川慎之佑さん、一貫制博士課程3年 トラガさん、一貫制博士課程2年 田濤修平さん)の提案「嚥下困難者の食事と向き合う『機能性野菜粉末食品の開発とそのビジネス展開』」が最優秀賞を受賞しました。
 また、本学リーディング大学院プログラムを修了した1期生の三宅章仁さん(株式会社シマノ)が、本大会のワークショップファシリテーターとして参加。ファシリテーションをした大阪府立大学、大阪市立大学のチームが、当日大きくプレゼン内容が改善されたチームとして審査員特別賞を受賞しました。 

【主催】東京工業大学、一橋大学
【企画】東京工業大学グローバルリーダー教育院、リーディング大学院教育課程連絡会議
【後援】一般社団法人日本経済団体連合会

参加校一覧 
東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、筑波大学、九州大学、早稲田大学、慶應義塾大学、大阪府立大学、大阪市立大学、お茶の水女子大学、広島大学、熊本大学、同志社大学、秋田大学、長崎大学、千葉大学、東北大学、信州大学、北海道大学、豊橋技術科学大学、東京農工大学

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら