平成29年度 学長と夢を語ろう!「学長・学生懇談会」を開催しました

2018年2月20日

 2月15日(木)府中キャンパス、2月16日(金)小金井キャンパスにおいて、学部学生を対象とした「学長・学生懇談会」が開催されました。
 この懇談会は、平成16年度から学長と学生が意見交換できる場として開催しているもので、今年度は「僕が、私が農工大の教授だったなら。」をテーマに開催されました。
 懇談会には、大野学長とともに梅田理事(教育担当)・副学長、千葉農学部長(2/15出席)、三沢工学部長(2/16出席)が出席し、参加学生から「授業を良くするには先生方の努力も大切だが学生の協力も必須であると思うので、僕が農工大の教授だったら学生から発信させるような授業を行ってみたい。」「理系の大学では実験がとても重要だと思うので僕が農工大の教授だったらもっともっと実験ができる環境を作りたい」等の貴重な意見が多数寄せられました。
 最後に大野学長から「本学は研究重視・研究指向の大学であるが、それと同等のパワーをもって教育を行うべく、平成30年4月に教育の質の向上、英語レベルの強化等を目指し、グローバル教育院を設置する。学生のみなさんも、本学について改革したいことがあったら、積極的に発信して欲しい。多くの先生方がそれを望んでいる。」とのコメントがあり、大変充実した時間となりました。

農学部の学生10名との懇談
工学部の学生8名と懇談

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら