東京農工大学と国際基督教大学が「連携・協力の推進に関する基本協定」を締結しました

2013年10月28日

東京農工大学と国際基督教大学は、10月25日(金)、三鷹市の国際基督教大学において、松永是東京農工大学長、日比谷潤子国際基督教大学長をはじめとする関係者出席の下、両大学の更なる発展を目指して、教育、研究を中心に幅広く連携を図り、また、双方の学術研究の成果を広く世界に発信・還元することを目的に、国立と私立の枠を超えた取組を行うことに合意したと発表し、両大学長による基本協定書の締結を行った。

両大学は、直線で約5㎞の比較的近い距離に位置し、東京農工大学は、農学、工学及びその融合領域を基盤とし、国際社会で指導的な役割を担える高度な能力を持つ人材を育成している。また、国際基督教大学は、リベラルアーツ大学として教養学部の中に30を超えるメジャー(専修分野)が設置され、学問における分野を超えた連携に目を開かせ、21世紀の挑戦に立ち向かう力を備えた21世紀型の人材を育成している。
既に共同で文部科学省「女性研究者研究活動支援事業(拠点型)」を実施しているが、今回の基本協定締結を機に、両大学が持つ特色ある教育・研究資源とそのノウハウを効果的に活用することで、両大学が掲げる人材の育成に大きく寄与するものと期待されるところである。

今後は、「教員同士の共同研究の実施、学生の研究指導委託、学生の相互訪問、研究交流会の実施」などの取組を開始するとともに単位互換制度の構築、それぞれの大学が得意とするグローバル活動や産学連携支援業務への職員の相互派遣などの検討も行う予定である。

協定締結後の松永東京農工大学長(左)と日比谷国際基督教大学長(右)

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら