「エネルギー見える化システムと本学の脱CO2戦略」に関する講演会を実施しました

2010年6月24日

6月23日(水曜日)、本学の本部棟第2会議室において、外部から2名の講師をお迎えして、「エネルギー見える化システムと本学の脱CO2戦略」に関する講演会を開催しました。
最初に、パナソニック電工株式会社 谷田川雄介 氏から地球温暖化の現状、国内における低炭素社会へのロードマップなど、脱CO2化実現に向けての政策や、東京農工大学における温室効果ガス排出状況の説明がありました。
つづいて、オムロン株式会社 藤井裕司 氏からは、本学各部局におけるエネルギー使用量を「見える化」することによる目的や今後の省エネルギー戦略についての説明をいただきました。

パナソニック電工株式会社 谷田川 氏

オムロン株式会社 藤井 氏

理事、監事、学府長をはじめ教員、職員70名と予想以上の聴講者があり、また、講演終了後の質疑応答では、予定時間を超えて活発に講師への質問をするなど、職員の脱CO2戦略への高い意識が感じられる講演会となりました。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら